エクオールを作り出す腸内フローラは変化する

エクオールを作り出す腸内フローラは変化するの?

食べ物やサプリで変化すると言われている腸内フローラですが
これを証明した実験は2015年に発表されたアメリカの研究です。

 

この実験はアフリカ人とアメリカ人に食事を入れ替える状態にして実験結果を検証しました。
すると2週間達人腸内フローラの変化が生じて大腸がんになるリスクも変わりました。

 

この実験でアメリカ人はアフリカ式の食事に変えました。
アフリカ式の食事は食物繊維が豊富で低脂肪なものです。
すると腸内細菌が作り出す酢酸が増加して大腸がんのリスクを示すとされている炎症のデータも低くなりました。

 

もう一方のアメリカ式の繊維があまり多くなく高タンパク高脂肪の食事を食べることになったアフリカ人のグループでは、先ほど説明した大腸がんのリスクを示す炎症の数値が上昇しました。

 

エクオール,サプリメント

その他に腸内フローラを変化させる大きな要素の1つに加齢のための変化があります。

日本の企業ヤクルトのサプリ研究結果でそのデータがあります。
赤ちゃんから高齢者までの人を対象に腸内フローラ検査の実施をして解析しました。
すると年齢が高くなればなるほどビフィズス菌の数は少なくなっていました。
そしていわゆる悪玉菌と呼ばれている大腸菌群やブドウ球菌などは年齢が高いほど数が増えていることがわかったのです。