更年期障害について

更年期障害について

更年期と言うのは大体平均51歳位で現れる現象です
そして女性の場合は閉経以降に起こる
自律神経失調症状精神症状が複合して起こる不定愁訴(ふていしゅうそ)の総称になっています

 

更年期障害の原因はどんなものがあるのでしょう?

 

女性の場合、更年期になった場合加齢に伴う卵巣機能の低下によって
卵巣から分泌通されている女性ホルモンであるエストロゲンの量が減ってしまい
このため脳の視床下部にある自律神経中枢によくない影響を及ぼしてしまって
自律神経の失調症状を引き起こしてしまいます

 

さらにこの年代の女性が抱えている環境の変化が
高い心理的ストレスを脳に与えて、憂鬱や情緒不安定などの精神症状までは引き起こすことになります

 

自律神経失調の症状と精神状態がそれぞれに影響して
更年期障害の症状を難しいものにしています

エクオール,サプリメント