更年期障害の治療とエクオールサプリ

更年期障害の治療

更年期障害の治療の方法ご紹介します。

 

従来型の古典的治療法をお伝えする前に、最新式の更年期障害の治療方法をご紹介します。

 

注目されている更年期障害の治療方法はエクオールを用いて行われる治療方法です。

 

腸内細菌の産生するスーパーイソフラボンであるエクオールは、
各種メディアで取り上げられて、注目の成分です。

 

当サイトのメインテーマであるエクオールですが
実は、日本初のエクオール検査実施機関である
「浜松町ハマサイトクリニック」の院長
吉形玲美先生によって、更年期障害症状の緩和のために用いられています。
吉形玲美院長はエクオール研究のスペシャリストで
世の中にエクオールが知られる以前からその有効性に注目して
エクオールの持つ更年期障害に対する緩和効果、アンチエイジング・美肌効果、ホルモンバランス安定効果などの
優れた能力を発見しています。

 

エクオール,サプリメント

 

更年期障害というのは、そのレベルは本人の性格であったり、精神状態、周囲の環境など、様々な影響受けますから人それぞれ更年期障害の度合いは異なります
ですから最初は生活環境の改善をしてみることが必要です

 

ホットフラッシュと呼ばれるのぼせほてり発汗などの症状を中心とする自律神経失調症状には
エストロゲン(女性ホルモン)を用いたホルモン補充療法のHRTを行う薬物療法がメインになっています
自律神経性更年期障害に関してはホルモン補充療法を実施した場合は
およそ1ヵ月で症状の改善をすることが確認されています

 

その一方で社会心理的原因によって発症する精神症状性更年期障害に対しては
向精神薬を主体とした薬物療法と精神療法が有効であると言われています
ですが精神症状の中にはエストロゲン(女性ホルモン)の欠乏に起因しているものがあるので
ホルモン補充療法が効果的である場合もあります

 

副作用としては
平均的な5年間のホルモン補充療法行っている女性の場合に関して言えば
ホルモン補充療法を行っていない女性と比べた場合に乳がんの発症率が1.3から1.4倍ほど高くなってしまいます

 

この事実は知られていますから
定期的な健康診断を行っているのが幸いして
ホルモン補充療法による乳がんの早期発見の率も高く比較的早く治療できますから
乳がんによる死亡率は現在増えているとは言えません

エクオール,サプリメント