エクオールとエクエルの違い

エクオールとエクエルの違いについて

エクオール サプリ

エクオールとエクエルの違いは?

 

エクオールとエクエルの違いはトップページにも書きましたが
気にされる方が多いので
ここに、改めて、成分表も交えて記載します

 

エクオールの摂取量で考えると
オオツカ製薬のエクエル、AMC社のエクオールは
エクオールの含有量は1日あたりの摂取量が10mgとなるので同じです

 

大きな違いは、AMCのエクオールだけにラクトビオン酸が配合されている点です

ラクトビオン酸の効果
肌のラメラ構造を安定化させるので美肌効果を持つ
体の中でエクオールが増加することを助ける
骨粗しょう症の予防効果

 

そのほか
大塚のエクエルは錠剤なのでタルクが使われている
AMCエクオールはカプセルタイプのためタルク不使用
タルクとは錠剤の形を整えるために使われている鉱石を細かく粉砕したパウダーのこと

 

現在の私は、ラクトビオン酸配合の有無とタルクの使用の有無で、オオツカのエクエルからAMCのエクオールに定期購入を変更しています。

 

オオツカ製薬のエクエルとAMC社のエクオールを比較検討する際のご参考にしてください

 

AMC社エクオール

エクオール サプリ

エクオール+ラクトビオン酸サプリメント(大豆胚芽抽出発酵物含有食品)
内容量 90カプセル(1日3カプセル目安)
1日あたり3カプセル摂取1か月分
原材料名 ビール酵母、ラクトビオン酸含有乳糖発酵物、大豆胚芽抽出発酵物、HPMC、
カラメル色素、(原材料の一部に乳、大豆由来原料を含む)
栄養成分表示
3カプセル/1.32gあたり エネルギー
4.98kcal たんぱく質
0.34g タンパク質
0.22g 脂質
0.03g 炭水化物
0.84g ナトリウム
1.58mg
主要配合成分
(1日3カプセル) エクオール10mg、ラクトビオン酸150mg

 

AMCエクオール公式サイト

↓↓↓↓↓↓↓

エクオールとエクエルの違い

 

 

大塚製薬エクエル

エクオール サプリ

名称:エクオール含有大豆胚芽乳酸菌発酵物加工食品
原材料
大豆胚芽発酵物ぶどう糖セルロースHPMC着色料(酸化チタン、カラメル)タルクステアリン酸Ca
香料・保存料は不使用
内容量:73.9g(660mg×112粒 )
1日あたり4粒摂取(28日分相当)

 

栄養成分表示4粒(2.64g)当たり
エネルギー 11.44kcal
タンパク質 0〜1.2g
脂質 0〜0.8g
炭水化物 1.5g
ナトリウム 0〜8mg
S-エクオール 10mg   
大豆イソフラボン(アグリコンとして)6.4mg