イソフラボンの種類はアグリコン型とグリコシド型

イソフラボンの種類 アグリコン型とグリコシド型

イソフラボンには種類があって
吸収されやすい形であるアグリコン型のイソフラボン、そして吸収されにくい形になっているグリコシド型のイソフラボンの2種類あります。
グリコシド型イソフラボンが吸収されにくいのは、糖がくっついているからです。

 

さらにアグリコン型のイソフラボンの内容は
ゲニステイン、グリシテイン、ダイゼインの3種類に分類されます
エクオールに変換されるのがダイゼインです

 

大豆のどの箇所から抽出されたイソフラボンであるのかによって、その構成比率が異なります

 

イソフラボンの種類,アグリコン型,グリコシド型

 

大豆胚芽から抽出したイソフラボンの中には、70%がダイゼイン、20%がグリシテイン、残りの10%がゲニスティンの比率になっています。

 

丸大豆由来のイソフラボンは、ダイゼンが40%、グリシテインが10%、ゲニステインが50%とゲニステインがメインの成分となっています。

 

エクオールを沢山生成したいなら、

大豆胚芽から抽出したアグリコン型イソフラボンを取り入れるのが効率が良い

となります。

 

エクオール