エクオールサプリは肥満を防ぐ?

肥満を防ぐ腸内細菌って?

肥満を防ぐ腸内細菌ってどんなものなのでしょう?
腸内フローラが肥満の原因になるのはどうして?それは生まれた時からそうなの?
生まれた時からそうなのだったら、何とか痩せる腸内フローラに変更することができないのでしょうか?
この答えを探しています。

 

ネットの情報書籍様々なメディアを探しまして、肥満するための腸内フローラを痩せることのできる腸内フローラに変更することは可能だということがわかりました。
どんな仕組みで痩せる、痩せない腸内フローラがあるのでしょう。

 

基本的な痩せ型の腸内フローラと肥満型の腸内フローラの違いを書きます。
肥満型の腸内フローラと痩せ型の腸内フローラの違いは、
肥満をさせる能力のある細菌が実際にいるわけではなく、肥満を防ぐ能力を持つ細菌がいないという事なんだと言う事最初に覚えておいてください。
ここは大切ですから覚えておいてくださいね。

 

もっと具体的にいいますと、肥満を防ぐ細菌は、バクテロイデスと呼ばれるグループに属している何種類かの腸内細菌だということです。
ではこの肥満を防ぐ腸内細菌の働きがどのような働きをして肥満を防いでくれるのでしょうか?

 

肥満と言うのは脂肪細胞と呼ばれている細胞がその中に脂肪のつぶつぶを蓄えてしまって大きくなってていくことで起きます。
飢餓状態になったときのために、生きるためのエネルギーを蓄積しておくのが脂肪細胞です。
そして脂肪細胞は放置してしまうと血液の中にある栄養素を取り組み続けてしまいます。
そのせいでどんどん大きく膨れ上がってしまうのです。

 

この脂肪細胞が肥大化してしまう状態を止める能力があるのが短鎖脂肪酸と呼ばれている物質です。
この短鎖脂肪酸を作り出してくれる腸内細菌が、バクテロイデスという腸内細菌の仲間なのです。
先ほど説明しましたように痩せる形の腸内フローラは、バクテロイデスの1種でしたね。

 

短鎖脂肪酸は脂肪細胞の栄養吸収をストップさせるセンサーに信号をおくって、脂肪細胞が栄養蓄積することをストップさせる働きがあります。
この働きで肥満になるのをストップしてくれるのです。

 

短鎖脂肪酸というのは、酢酸、酪酸、プロピオン酸という3種類の物質の総称なんです。

 

エクオールサプリメント