皮付きのフルーツを食べてエクオールサプリを飲む

腸内フローラを育てる皮付きのフルーツ

エクオール,サプリメント

腸内フローラを育てる食材は皮付きフルーツだと言われています。
よく「フルーツを食べるなら皮ごと食べた方が栄養が高いので体にとって良い」という事が言われますけれど、それは事実です。

 

りんごや柑橘類などのフルーツ、これはペクチンが多いフルーツです。
ペクチンの多いフルーツは腸内フローラが好んで食するもので、腸内フローラのことを考えたら取り入れないのは有り得ません。

 

フルーツジャムを作るときにどんどん煮詰めていくと固まってきますよね、これがペクチンの影響です。
ペクチンはりんごや柑橘類などの皮の部分にたくさん含まれている成分です。

 

みかんですと、袋にくっついている白い綿のような部分、ここに含まれていて、ここにはレジスタントスターチと呼ばれる難消化性の炭水化物がたくさん含まれています。
このレジスタントスターチこそ腸内細菌の好物と呼べるものです。
ですからみかんを食べるときはできるだけ袋も白い筋の所も食べれるように工夫してみましょう。

 

ジュースにするときもかわごと食べなければならないので、せっかくの皮を捨てている場合は、もったいないと言うことになってしまいますね。
中の果肉の部分のジュースを飲んでいるだけでは、健康効果はあまり考えられないと思います。

 

エクオールサプリメント