エクオールの知識を得てエクオールサプリを飲もう

エクオールの基礎知識のページ

エクオールサプリメント、サプリで摂るならこれしかない!のエクオールの基礎知識のページ

エクオールって?

スーパーイソフラボンとも呼ばれるエクオール

エクオールは、大豆イソフラボンから腸内細菌の力を使って作られる、スーパーイソフラボンと呼ばれる成分です。そしてこのエクオールを体内で作ることのできる人とは、大豆にふくまれている健康な成分(大豆イソフラボン)を非常に効率を良く体のために利用することができる人だと言われているのです

 

エクオール,サプリメント

ですが、残念ながら大豆イソフラボンからエクオールを作りだすことのできる人は日本人の約半数でしかありません

腸内細菌が大豆からエクオールを作ってくれますが、腸内細菌の中でエクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌だけが大豆イソフラボンから エクオール作り出してくれるのです。
ですから、この産生菌が活発に働いている状態であるのか?そうでないのかが、エクオールを作ることができる、できないの違いとなってくるのです

体内でエクオールを産生できないならエクオールサプリは必須

当然のようにエクオール産生菌が腸の中に存在しない人は、大豆イソフラボン(ダイゼイン)のままで吸収されることになるので、エクオールを体に取り入れたいならば、エクオールサプリを飲むしか方法がありません。

 

 

エクオールを体のなかで作り出すことのできる人とはどの位いるのでしょうか?

エクオールを作れる日本人はおよそ半数の人

エクオール,サプリメント

日本人の中で、およそ50%〜60%の人がエクオールを腸の中で作り出すことが出来ます

ということは、日本人のおよそ半数近くの人が エクオールを腸の中で作り出すことはできないということになりますよね

若い世代ほどエクオールを作り出せない

そして日本人の中でも年齢が低年齢になるにしたがって、エクオールを作り出すことができる人の比率が低くなっています
20代〜30代では、その比率はおよそ20から30%ほどしか無いのです。
残念ながら、エクオールをサプリで摂りいれなければならない方たちです。

エクオールを作れないのは食生活の変化が影響

なぜ 若い世代の人たちエクオールを作れなくなっているのでしょう?
これに関しては、まだ詳しい研究結果が出ていませんが、おそらく食生活の変化が原因になっていると考えられているようです

 

エクオール産生菌を維持するには

 

エクオール,サプリメント

例えば、大豆の摂取する量は60歳代が最も多くて、若い年齢に行くにしたがって、食べる量はへってきているのです

エクオール産生菌を維持しようとするのでしたら、毎日大豆をたくさん食べる必要があるという事です
そしてさらに 食物繊維は腸内細菌のエサと成りますが、この食物繊維の摂取量に関しても 60代のひとが最もを食べているのです 若い人になるにつれて、食べる量がすくなくなる傾向があるんです
ですから 毎日の食事に根菜・海藻・きのこなどの食物繊維が多く含まれるとされる食材を多くたべるようにするべきなのです
毎日の食事に様々な腸内環境が改善されるような工夫をすることで、エクオールを健康のために維持できるようになるのではないでしょうか

 

エクオール,サプリメント人気エクオールサプリメントはこちら