エクオールサプリと腸内フローラダイエット

腸内フローラとダイエット

エクオール,サプリメント

腸内フローラとダイエットの関係
肥満の原因って言ったら、普通に考えれば食べすぎと運動不足だって思いますよね。
でもそこにもう一つの原因として腸内フローラの関係が考えられます。

 

今の時代は大腸の時代なんて言うことを言われている場合があります。
どうして腸の時代なんでしょう?これはさまざまな病気の原因になっているものが腸にある事は以前から知られていましたが、最近になって健康に関するもっと広い範囲に腸がかかわりあっていることがわかってきたからです。

 

そしてそんな研究の中から肥満と腸内細菌には関係があるということがわかってきているのです。
腸の中が無菌になっている動物と普通に腸内細菌がいる動物で、同じ食べ物与えてどちらが太るか?という実験をしました。
その結果、腸内細菌がいる普通の動物の方が無菌の動物よりも太りやすいということがわかったのです。
それまではカロリーをたくさん取り入れてしまう方が太る原因になっていると思われていました。

 

ですが無菌の動物のほうは太らないから、腸内細菌がいることによって肥満をするかしないか、それが決められているということがわかったという事になるのです。
さらにこの事実は、人間で実験してみた研究結果によってさらに大きく反響を受けるデータとして公開されました。
肥満の人の腸内細菌のパターンと肥満なんてない人の腸内細菌のパターンとでははっきりとわかる違いがあったそうです。
そしてその肥満の人をダイエットさせると、1年経った頃には痩せている人と同じような腸内細菌のパターンに近づいていくという結果が出たのです。
これは腸内細菌のバランスが変化するからこんなデータになっているのです。

 

一般的に肥満の解消には食事の量を減らすことが大事だと思われています。
ですが、たくさんあるダイエットの方法のなかには、全体のカロリーを減らす事ばかりが重要だと思われていて、食事の内容つまりバランスが崩れてしまっているそんなダイエットの方法がたくさんあります。
この部分を腸内フローラの観点で見てみると、食事をただ単に減らしているだけでは、あまりダイエットに意味がなくて、偏ってしまった食生活を正しい形に戻すことが肥満の解消の、最も早い方法なのだと考えられるようになると思います。

 

腸内フローラが作り出してくれる短鎖脂肪酸という物質は肥満を防いでくれるのがわかっていますから、この短鎖脂肪酸を作り出してくれる腸内フローラを充実させることこそがバランスよく食事をとっているだけで腸内フローラの産生してくれる短鎖脂肪酸で太りにくい体になれるということになります。

 

短鎖脂肪酸を作り出してくれる腸内細菌は野菜などの食物繊維が大好物ですから、腸内フローラの観点でダイエットを考えた場合は野菜を中心にした食事をバランスよくとることを考えましょう。

 

エクオール