善玉菌優位にしてエクオールサプリを飲もう

腸内フローラを善玉菌優位にするには

腸内フローラを善玉菌優位にするにはどんな方法があるのでしょう

 

大腸の中の善玉菌を増やすには毎日200から300グラムの乳製品またはサプリの摂取が理想的です。

 

大腸の中にはおよそ100種類の腸内細菌が生息しています。
その中で 体に 良い働きをしてくれる 善玉菌がおよそ40種類、そして身体に悪い影響を引き起こす可能性のある悪玉菌が30種類、残りは普段は人体にとって無害ですけれど悪玉菌が増える時に あわせて悪い働きをしてしまう日和見菌が30種類あります。
こんな腸内フローラの状態で、善玉菌が多い状態が続いていれば健康な大腸といえます。

 

エクオール,サプリ

 

善玉菌を簡単に増やす方法は、やはりヨーグルト食べるかサプリを飲む方法でしょう。
ヨーグルトの中に含まれているビフィズス菌は善玉菌の一種です。
ですが、ビフィズス菌は毎日適量のヨーグルトを撮ることで補充をしないと、寿命が短い菌ですから健康効果を期待することは出来ません。
そしてビフィズス菌の中には腸に届く前に死んでしまうものもありますので、 生きたまま腸に届くことができるという機能もっている「特定保健用食品」やサプリを利用するのが効率がいいと思います。
さらにビフィズス菌を増殖させる働きのあるオリゴ糖やクエン酸も一緒に食べると より健康効果を期待 することができます。

 

 

ヨーグルトの豆知識

腸内フローラを健全にしておくために、ヨーグルトや納豆を食べているひとがとても多いのです。
ヨーグルトは長生き出来る食品とも言われて世界中でまさに人気の発酵食品です。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は乳酸を作り出す細菌です。
ビフィズス菌については乳酸以外に酢酸も作りだします。
乳酸や酢酸が腸の中に多いと、悪い菌と言われている悪玉菌が増殖しにくいのです。
そして腸が刺激されることで、便を送り出す蠕動運動が円滑に機能するようになるのです。
ですからヨーグルトで腸内の環境が良くなってお通じが良くなるのはこのためです。
ですがヨーグルトは納豆と違って食物繊維がほとんど含まれていないので善玉菌を育てるという意味では欠点があります。
そんな欠点をおぎなう方法は食物繊維の多いフルーツなどと一緒にヨーグルトを食べるといいのです。
さらに便通改善の効果以外にも腸の中の免疫細胞を活発にして病気にかかりにくくなったり、アレルギーの症状を押さえてくれたり、そんな作用もヨーグルトにはあります。
近年の研究で、体脂肪を減らしたり尿酸値を下げる、そんな能力を持つヨーグルトの中に含まれている細菌も注目されています。
ここで、ヨーグルトを食べる時に、腸にできるだけ有効に働く食べ方を紹介しましょう。

 

1日200グラム以上のヨーグルトを食べる

ヨーグルト100グラムを食べることで便通改善などの効果が研究ではっきり証明されています。

 

ヨーグルトは購入後にすぐに食べましょう

賞味期限内に食べるのでしたら、ふくまれている乳酸菌は100グラム中十億個以上と十分な量が含まれていますが、新しいヨーグルトほど菌は元気で数が多いので、すぐに食べることがおすすめされるのです。

 

自分に合う菌を見つけましょう

乳酸菌と人に相性があるそうです。
お腹に変化が何も起きないなど、このヨーグルト合わないなと感じた時は、ほかの商品を試してみましょう

 

腸の健康を常日頃から考えた生活習慣を持つことが大切

お肌の張りを保ってくれる細胞も年齢を重ねるとともに老化が進行していきます。腸に関しても同じことが言えるのですが、腸の老化の基準となるのは腸内細菌のバランスなのです。
年をとるに従って腸内細菌のバランスは徐々に崩れていって、悪玉菌が増加傾向になります。腸内細菌の分布を調べれば腸の老化が進んでいる事が分かります。およそ60歳ぐらいになると善玉菌の数は驚くほど少なくなります。腸の老化がどんどん進んでしまうと、お肌のハリやツヤが失われてしまったりしみやしわがとても目立つようになってきます。そうなれば見た目にもとても年老いた印象になりますね。
さらに疲れやすくなってしまったり、十分に休息をとったとしても疲れがそれほどとれなかったり、体調を崩しやすくなったりして、生活習慣病の発症にも繋がるような状態に陥ります。
ですが、今の時代は若い年齢であるにも関わらず悪玉菌が優位の状態が続いていて、腸の老化を疑われる人が非常に多くなっています。その原因の一つにデリケートな器官である腸が生活習慣やストレスの影響を受けやすいというのが考えられるでしょう。
現代はストレス社会とも呼ばれる時代ですから、実際の年齢よりも腸だけがとても老け込んでしまっているという人も少なくはないのでしょう。
老化は腸から始まります。若々しさをいつまでも保ち続けるには、腸のなかを最初に若返らせる行動をとることが必要になります。悪玉菌の増加が進んでしまうと腸の老化が進行してしまう事と同時に、免疫力までも低下しますから、そうなれば腸内腐敗が進んで毒素が産生されるようになります。悪玉菌が作り出した毒素は火山ガスの成分に等しいほど危険なものであって、毒素が腸の中に溜まっていることで活性酸素が作られてしまいます。活性酸素という嫌われている物質はもともとは毒素から体を防御するために作られたものですが、その量が増えすぎてしまうと本来の目的とは異なる体の細胞を錆びつかせたり傷つけたりする影響を及ぼすので、「活性酸素は諸刃の刃」そんな風に言われるのはそのせいです。
腸の細胞の遺伝子が万が一にでも傷ついてしまえば、細胞が変異を起こす為、変異を起こした細胞は癌細胞やポリープにて発展してしまうことさえ考えられます。腸内細菌の異常な状態は腸の中に留まっているだけではなくて、それ以外の体全体に悪い影響を及ぼします。
腸内細菌が産生する毒素が腸の壁を通り越して全身に広がってしまったりすれば、全身をめぐる間にあちらこちらに毒素はばらまかれて、それによって活性酸素が発生されて細胞がどんどん痛められるという、そんなサイクルが繰り返されることになります。毒素の場合は最終的には肝臓で解毒されるものですけれど、便秘が慢性化するなどして免疫力や肝臓の機能が低下してしまえば血液の浄化不足や血流の低下まで招き体にとって悪いことばかりになります。
そんなことにならないように、腸の健康を常日頃から考えた生活習慣を持つことが大切なのです。

 

エクオール サプリ