エクオールサプリに関する現在の課題

エクオールサプリに関する現在の課題

近年、ネット・テレビ・雑誌などのメディアでは人の腸の中で大豆イソフラボンから変換されるエクオールが健康・美容に有効だとの話題で注目されています
エクオールには 心血管障害や骨粗鬆症及びいくつかのガン予防に対して有効性があることが確認されています

 

エクオール サプリ

そして大豆イソフラボン(ダイゼイン)の臨床的有効性というのは

エストロゲンの受容体に対してより高い親和性をもつこと、そして 独特なアンドロゲン特性を持つことです
大豆イソフラボンから変換された産物であるエクオールは大豆イソフラボン以上に強力な抗酸化作用があると考えられています

 

大豆イソフラボンを少ししか消費しない人はエクオールをわずかしか産生することが出来ないのです
日本ではおよそ半数ですが、アメリカでは人口のおよそ 1/3位しか、大豆イソフラボンからエクオールを産生することが出来ない人だといわれています

 

エクオール サプリ

大豆イソフラボンからエクオールに返還させる能力を持つ腸内細菌が 体の中にいるのかいないのかが、エクオールを産生できる

できないの非常に重要なファクターとなっているので、今後の研究で大豆 イソフラボンからエクオールを産生させる事のできる腸内細菌を同定すること、その細菌を増殖させる事が、大きな研究目的となっているのが現状です。

 

エクオール,サプリメント人気エクオールサプリメントはこちら