エクオールに関連する腸内フローラ最新情報

腸内フローラ最新情報

腸内フローラ最新情報です

 

今まででしたら悪玉菌と言われてきた細菌の中にも人間にとても良い働きをしてくれる菌がいることが、最新の技術でわかってきたそうです。

 

最近は善玉菌・悪玉菌と分けるのではなくて、細菌それぞれの良い点悪い点と機能をきちんと見定めている時代になってきたそうです。クロストリジウムは実は良い働きをする菌で、昔は悪玉菌と呼ばれていたものです。
腸内細菌は私たちの健康をどういう風にして守っているのでしょう。
腸の中で生きることのできる菌の数は決まっていて、その菌の種類は人それぞれ全く違ったものになります。

 

腸内フローラに必要なのは多様性です。体の調子が悪いときに腸内フローラはどうなるのか?
体調が悪い時には、病原細菌(病原菌)が侵入した場合やストレス、食生活の乱れが起きた、または寝不足などで腸内細菌の環境が悪化してしまいます。
体調が良くない場合、腸内細菌の種類が減るなどの、腸内フローラのバランスが崩れてしまう現象が起こります。
今まで存在していた菌がいなくなると、そのいなくなった部分に新しい菌が入り込むことになります。例えば病原菌が腸の中に侵入して感染症を発症するなどです。こうなってしまえば病気を発症することになります。

 

ビフィズス菌はなぜお腹にいいと言われているのでしょう
腸内環境が整っていない場合は腸内フローラを構成している細菌が元気のない状態です。
このような場合に整腸作用を持つビフィズス菌を体に取り入れると、その作用で腸内細菌は同じ種類ごとに集められて腸内フローラが改善されることになります。ビフィズス菌が生成している物質で腸内細菌が整えられるのです。
腸内フローラが正常に整えば、外から病原性の菌が侵入したとしても、腸のなかで活動することが出来ずに排泄されることになり、体の健康は保たれます。
こんなに興味深い腸内細菌ですけど、一体腸内細菌はどこから来ているのでしょう?
腸内細菌は3歳までの間に決定付けられるといいます。
赤ちゃんは子宮の中では無菌の状態でいます。
そして生まれてくるとお母さんが抱っこしたり周りの大人達が抱っこしたりする事によって細菌が腸の中に移行して住みつきます。それが常在細菌となるのです。
出産時に産道で細菌を受け取り、その後助産師からも細菌を受け取る。そして母親の胸の上で母親の常在菌を受け取る。
こうして細菌を受け取り、口などから体の中に入り込み、腸の中で常在細菌として定着するので、母親から子供へと腸内細菌は受け継がれるのです。
生まれた直後、初めは大腸菌やブドウ球菌が多いのですが、その後大腸菌やブドウ菌は徐々に減っていって、乳酸菌やビフィズス菌が増加して、腸内細菌の大部分を占めますます。
そうなるのは、母親の母乳に含まれているオリゴ糖が、乳酸菌やビフィズス菌の働きを活性化するからです。
肥満・アレルギー・糖尿病予防、動脈硬化予防、のために腸内フローラを食べ物で買える研究が注目されています。
糖質制限ダイエットで腸内フローラは変わるのでしょうか?
バクテロイデスは脂質を多く取ると増え、プレボティアは炭水化物と食物繊維をたくさん食べると増える菌です。

 

腸内フローラを整えるためのヨーグルトはどうやって選べばいいのでしょうか?
腸内フローラの構成は人によって違いますから、どのヨーグルトが自分に合うのかどうかはっきりわかりませんので、とにかく1種類のヨーグルトを選んで、3週間続けてみて体調が良いようなら当たり、何も変わらないようならば外れということで探すしかないでしょう。
腸内フローラを調整することで難病を克服した人がいます。
その人の病気の名前は潰瘍性大腸炎です。
潰瘍性大腸炎は日常生活に支障をきたすほどの急激な腹痛や便意に悩まされる原因不明の病気です。
これが、腸内フローラを改善することで病気が治りました。
潰瘍性大腸炎の患者さんは腸内フローラが非常に乱れています。そこで便移植法という方法を使って、正常な腸内フローラの人の便の中にある腸内細菌を取り出して、患者さんに移植する治療法を行いました。
腸内細菌を最も元気にできる食べ物は何でしょう?
それはサツマイモです。紅天使という種類のイモで、食物繊維の量が非常に多くて、腸の調子を良くしてくれたりビフィズス菌の餌になるからです。

 

おすすめエクオールサプリ